2017年4月21日金曜日

『週刊韓国ニュース 第109号』(2017.4.21)

●第19代韓国大統領選挙特集号

主要5候補-文在寅(共に民主党)、安哲秀(国民の党)、洪準杓(自由韓国党=旧セヌリ党)、沈相ジョン(正義党)、劉承ミン(正しい政党=旧セヌリ党離党派)の課題別立場
左から、文在寅候補、安哲秀候補、洪準杓候補、沈相奵候補、劉承旼候補
世論調査会社「リアルメータ」による4月14日調査の各候補支持率

2017年4月14日金曜日

『週刊韓国ニュース 第108号』(2017.4.14)

≪「積弊清算平和行動」が発足、大統領選挙まで光化門広場でキャンペーン展開≫

6・15南側委員会、韓国進歩連帯などの市民社会団体は4月9日、ソウルの光化門広場で記者会見し、「積弊清算平和行動(平和行動)」の発足を発表。大統領選挙までの30日間、市民とともに平和行動を展開すると明らかにした。
光化門広場で記者会見し「積弊清算平和行動」を発足した
ソウル各地での平和行動キャンペーンをアピールするパフォーマンス


≪2回目の「平和のバス」が星州へ、「サード配備完全無効」訴える≫

サード配備予定地である慶尚北道・星州郡のロッテゴルフ場近郊の韶成(ソソン)里では4月8日、先月に続く2回目の「平和のバス」運動を通じて全国から集まった約3500人の市民と現地住民らが、「不法サード完全無効-第2回韶成里汎国民平和行動」を開催した。
汎国民平和行動には、「平和のバス」で全国各地から市民が結集した
「サード阻止」のプラカードを掲げる参加者ら
金泉市の子供らが「サード反対、平和を守ろう」と書かれたプラカードを掲げている


≪セウォル号の引き揚げ完了、遺家族ら「捜索を急いでほしい」≫

 2014年4月16日に韓国南西部の珍島沖で沈没し、死者295人・行方不明者9人を出したセウォル号が4月11日、全羅南道の木浦新港に引き揚げられた。惨事から1091日目、本格的な引き揚げ作業開始から21日目。
木浦新港に引き揚げられたセウォル号
客室の識別も困難な船体内部
捜索のための事前作業が続く

2017年4月7日金曜日

『週刊韓国ニュース 第107号』(2017.4.7)

≪「共に民主党」の大統領選挙候補に文在寅氏選出、「積弊清算と国民統合」を強調≫

 4月3日、ソウル市内で実施された「共に民主党」の首都圏巡回予備選挙で文在寅・前代表が60.4%を得票、累積集計57%で同党の大統領候補に確定した。文候補以外の主要政党の候補は、「国民の党」安哲秀、自由韓国党・洪準杓、「正しい政党」劉承旼、正義党・沈相奵氏がそれぞれ確定した。
「共に民主党」の大統領選挙候補に選ばれた文在寅・前代表


≪南北共同応援団が北朝鮮代表を熱烈に応援≫

 女子アイスホッケー世界選手権が江原道の江陵で開催される中、「南北共同応援団」は4月2日、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)-オーストラリア戦で北朝鮮選手を熱烈に応援した。
大田から家族連れで参加したキム・インジェ(38)氏は、「子供たちに南北の出会いを見せるために来た。北の同胞と直接会って話せる日を待ち望んでいる」と語った。
「ウリヌン ハナダ(私たちは一つ)」を掛け声に応援する南北共同応援団
共同応援団の団長を務める李昌馥6・15南側委員会常任代表議長(前列左から2人目)
試合終了後、北朝鮮の選手らが共同応援団にあいさつしている


≪朴槿恵逮捕後、初のキャンドル集会「サード配備阻止、セウォル号の真相究明」訴え≫

朴槿恵の逮捕後、初のキャンドル集会が4月1日、ソウルの光化門広場で開かれた。
「サード配備阻止・セウォル号惨事の真相究明・積弊清算」を掲げた集会では、セウォル号惨事の真相究明を意味する「黄色い風船」と、サード反対を象徴する「青い風船」を空に飛ばすパフォーマンスが行われた。
「サード去り、平和よ来い」と書かれたプラカードを掲げる市民
キャンドル集会前には「全国大学生時局会議」が開催され、学生らが「朴槿恵処罰」「積弊清算」と書かれたプラカードを掲げた





2017年3月31日金曜日

『週刊韓国ニュース 第106号』(2017.3.31)

≪光化門に再び灯ったキャンドル、市民ら「朴槿恵を逮捕しろ」≫

セウォル号が海上に引き揚げられた3月25日、第21回汎国民行動がソウルの光化門広場で開かれ、約10万人の市民が参加した。
集会では、朴前大統領が検察に出頭する場面と、セウォル号引き揚げの様子がスクリーンに映し出された。
キャンドル集会で「朴槿恵逮捕」を求める市民ら
故白南基農民の長女トラジ氏も登壇し発言した
セウォル号惨事の真相究明を求めるパフォーマンス
  

≪文在寅前代表が湖南の党内選挙で圧勝、候補選出への足場固める≫

 第19代大統領選挙と関連して、「共に民主党」では、同党の大統領候補を選出する最初の巡回投票が3月27日に湖南地域(光州、全羅南・北道、)で実施され、文在寅前代表が得票率60.2%(得票数14万2343票)を獲得。同20%の安熙正・忠清南道知事、同19.4%の李在明・城南市長をおさえ1位となった。
湖南地域の巡回投票の開票が光州市内で開かれ、1位になった文在寅前代表が両手をあげて歓声に応えている


 ≪4月中旬に全民族大会の第2回共同実務委員会開催へ≫

南北の軍事緊張が高まる中、「祖国の平和と統一、南北関係発展のための全民族大会海外側準備委員会」は3月27日、4月10~11日の2日間(最終的に11~12日で確定)、中国・瀋陽で、全民族大会開催に向けた「第2回南北海外共同実務委員会」が開催されると明らかにした。
2月に行われた6・15民族共同委員会南北海外委員長会議と並行して、全民族大会開催に向けた「第1回南北海外共同実務委員会」が開催された

2017年3月24日金曜日

『週刊韓国ニュース 第105号』(2017.3.24)

≪朴槿恵前大統領が検察に出頭、事情聴取と調書確認に21時間≫

 「朴槿恵-崔順実ゲート」により弾劾され失職した朴前大統領が3月21日、ソウル中央地検に出頭した。事情聴取は9時35分から始まり、休憩をはさみながら深夜11時40分まで14時間行われ、その後、朝6時55分まで7時間にわたり調書を確認するなど、捜査は21時間20分に及んだ。
検察に出頭する朴槿恵前大統領


≪サード配備予定地に「平和のバス」で5千人結集、「サードを追い出し、平和よ、来い」≫

サード(THAAD、高高度ミサイル防衛システム)配備予定地である慶尚北道・星州郡のロッテゴルフ場近郊の韶成(ソソン)里では3月18日、「平和のバス」運動を通じ、全国から集まった約5000人の市民と現地住民らが、大規模なサード配備反対運動を展開した。
参加者らは「韶成里汎国民平和行動大会」で、「百害あって一利なし、サード韓国配備を全力で阻止しよう」と叫んだ
4時間にわだって行われたデモ行進
デモ行進する地元のハルモニ(おばあさん)ら
「サードを追い出し、平和よ、来い」と書かれたプラカードを掲げる市民
サード配備反対を訴える横断幕




≪6・15南側委員会、世界女子アイスホッケー大会で「南北共同応援団」募集≫

6・15共同宣言実践南側委員会は3月20日、4月2日から江原道江陵で開催される「世界女子アイスホッケー選手権大会」に向けて、「南北共同応援団」を推進すると発表した。同大会には北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の選手が参加予定。
2014年の仁川アジア大会で、北朝鮮の女子サッカーチームを応援する統一応援団「アリラン」
応援団のスケジュール


2017年3月17日金曜日

『週刊韓国ニュース 第104号』(2017.3.17)

≪第20回キャンドル集会「1600万キャンドルの勝利」≫


第20回汎国民行動が憲法裁判所の弾劾決定翌日の3月11日に開催され、ソウルの光化門広場のキャンドル集会には65万人が参加した。また、この間のキャンドル集会参加者は1600万人以上となった。
光化門広場のキャンドル集会では、「朴槿恵弾劾」を記念して爆竹が鳴り響いた


≪第19代大統領選挙、5月9日に実施≫

 朴槿恵大統領の罷免に伴う第19代大統領選挙は5月9日に実施されることが決定した。これにより、国外不在者申告と在外選挙人登録は3月30日まで、在外国民投票は4月25日から30日まで、事前投票は5月4日から5日まで行われる。すでに在外選挙人登録が済んでいる場合は、新規登録は不要。
朴槿恵弾劾による早期大統領選挙の選挙人登録する在米韓国人


≪6者協議議長の中国・武大偉代表「韓米はサード配備を中断すべき」≫

6者協議の議長である中国の武大偉・朝鮮半島問題特別代表が3月13日、香港のテレビ番組のインタビューを通じ、韓国と米国に「サード(THAAD、高高度ミサイル防衛システム)の配備」を停止するよう要求した。
武大偉・朝鮮半島問題特別代表

2017年3月10日金曜日

『週刊韓国ニュース 第103号』(2017.3.10)

【速報】憲法裁判所が朴槿恵大統領に罷免宣告、60日後に大統領選挙実施

 朴槿恵大統領の弾劾審判に関して、憲法裁判所は3月10日、8人の裁判官の満場一致で、朴大統領に罷免を宣告した。これにより朴大統領は失職し、60日後に大統領選挙が実施される。
憲法裁判所の李貞美所長代行が朴大統領の罷免を宣告している


≪光化門広場で90万キャンドルの叫び「朴槿恵を逮捕しろ!」≫

「朴槿恵のいない3月、それこそ春だ!第19回汎国民行動」が3月4日、各地で開催され、ソウル・光化門広場の90万人をはじめ、全土で105万人が参加した。この日の参加者を含め、キャンドル集会の延べ参加者は1500万人を突破した。
光化門広場のキャンドル集会で、「レンドキャンドル」を掲げる市民
「朴槿恵を逮捕しろ」と書かれたプラカードを掲げる市民


≪サードを秘密裏に韓国搬入、国内外で批判噴出≫

 サード(THAAD、高高度ミサイル防衛システム)の一部が3月7日、韓国の駐韓米軍烏山空軍基地に秘密裏に搬入された。これに対し、野党の「共に民主党」は「国民をだました」と批判。中国の王毅外相は8日の記者会見で、「中韓関係の最大の問題はサード韓国配備」と述べた。
駐韓米軍烏山空軍基地に搬入されるサード